矯正の種類と治療の進め方 | 大阪市旭区千林の歯医者【前田矯正歯科クリニック】

矯正の種類と治療の進め方

歯の表面に着ける矯正装置

クリアブラケット

ブラケットが透明なプラスチックでできた矯正装置です。

メリット 装置が透明なため目立ちにくい。
デメリット よく見れば矯正をしていることがわかります。

クリアブラケット

クリッピーC

クリッピーCは歯と矯正線を固定するワイヤーやリングを使わず痛みも少ない上に殆どの部分が白色なので初めての方にも抵抗が少ない矯正装置です。

メリット 痛みが少なく、歯の動きが早いのが特徴です。
デメリット ほかの装置に比べると装置自体がわずかに大きく、一部に金属を使用しているため、審美の点で少し劣ります。

クリッピーC

このような方にオススメ
ほかの装置に比べて力のかかりが弱いので、歯や歯周に対して負担が少なくできます。歯周病などを抱えている方には特にオススメです。

歯の裏側に着ける矯正装置

STbブラケット

STbブラケットとは、従来の矯正装置よりも大きさが約半分になり、全体的に丸みを帯びているので話しづらさや食べづらさが大幅に改良された矯正装置です。また、ブラッシング(歯磨き)もしやすくなっています。

メリット 歯の裏側に装置をつけるので目立ちません。また、歯磨きがスムーズに行えるので、虫歯や歯周病になりにくいのも特徴です。
デメリット 表側の矯正よりも費用が高い。

STbブラケット

このような方にオススメ
人前でお話をする機会が多いサラリーマンやOLの方。入学試験や就職面接などを控えている方など。

取り外し可能な矯正装置

アライナー

アライナーは透明なマウスピースを使った矯正装置で、取り外しが可能なため普段の歯のお手入れや、装置を清潔に保つことが可能です。

アライナー

メリット 装置が透明なので目立ちにくい。また、取り外しが可能なのでお手入れがしやすい。
デメリット ワイヤーでの矯正に比べ、適応できる症例が限定されます。

今までの矯正装置

今までの矯正装置

従来の矯正装置は全て金属でできており、見た目が損なわれる事を気にされる方にはあまりおすすめできませんでした。
最近は様々な種類の装置が開発され、見た目も考えた装置も多く出てきております。
そのため当院ではこの装置は取り扱っておりません。

お子様の矯正装置

ムーシールド
ムーシールドは3歳児検診のときに反対咬合(受け口)と診断された幼児に対して使用されます。マウスピース型をしていて、顎の状態を正常な位置に戻すように促す装置です。
メリット 早期(3歳頃)から治療を始めることができ、通常の矯正よりも比較的短期間で治療を終えることができます。
デメリット この治療は、永久歯が生える前までに限られている。すべての「受け口」に適応できるわけではないのでご相談ください。
このような方にオススメ
お子様の歯並びが気になる方。
ヘッドギア
ヘッドギアは上顎の位置のコントロール、さらにマルチブラケット治療中の奥歯の固定にも使用される装置です。子供の場合は小学校低学年から使用する場合もあります。
メリット 家にいるときだけの使用で治療ができる。
デメリット 付け忘れることがある。
このような方にオススメ
矯正していることを見せたくない方。

PAGE TOP

  • HOME
  • スタッフのご紹介
  • 医院紹介・交通アクセス
  • あなたにあった矯正
  • 矯正の種類
  • 矯正のご料金
  • お問い合わせ

スタッフ募集はこちら

デンタルローン

無料相談はこちら

  • 資料請求
  • FACEBOOK
  • 歯科衛生士・歯科助手の募集を行っております。

what’s new

2012/08/24
ホームページを公開しました。

医院情報

前田矯正歯科クリニック

休診日 :
水・木・祝日
第2・4日曜日

医院の場所はコチラ

背景トップ

受付スタッフ

あなたのお悩み・ご相談を聞かせてください。まずは、お話をしましょう。

tel. 0120-40-1182

携帯からもお問合わせ頂けます。

無料相談お問い合わせはコチラ